粗大ゴミ

業者依頼時の注意点

埼玉には産業廃棄物処理業者が多くいます。費用は処理するものと地域で変わり、業者によっても変わります。選ぶときは信頼できる業者かを見極めましょう。長く営業しているところはある程度信頼できるといえます。処理施設がきちんとしているかも確認ポイントです。

作業員

家庭では処理できないごみ

埼玉県在住者の個人が産業廃棄物を処理したいと思った場合、県の産業廃棄物指導課に問い合わせるといいでしょう。埼玉県内の会社が産業廃棄物の処理や運搬を行う場合には、事前に講習会を受講し、許可証を交付してもらう必要があります。申請にはそれぞれ費用がかかります。

ゴミ

減量化に努めています

埼玉県にある産業廃棄物処理施設では、再資源化に努めています。爆発性や毒性のある特別管理産業廃棄物や廃棄物処理法で定められた産業廃棄物は細かく分類され、適正処理をすることにより半分近くの量を減量化することが可能です。

コンテンツ一覧

作業員

安全で安心さを重視する

埼玉で産業廃棄物の出る業務をしている会社は、それを処理してくれる専門業者と提携しましょう。その際、安全性が高く、安心して依頼できるようなところを選択します。評判の良い業者なら安心です。様々な意見を参考にしてみましょう。

粗大ゴミ

家の不用品を処分するには

埼玉に在住で、片付けをして出た不用品を処分する時には、各自治体から産業廃棄物を処分してくれる会社を紹介してもらうことをお勧めします。一度にたくさんのゴミが出た時、各自治体の回収日に出すのは大変です。事前に産業廃棄物業者に見積もりを依頼して、低価格で一度に回収してくれる業者を選ぶことをお勧めします。

マナーを守って環境保全

メンズ

廃棄物のルール

家庭から出るごみや、事業所から出る廃棄物をどのように処理していますか。埼玉県では、各自治体ごとに廃棄物のルールがあることは周知の事と思います。しかし、資源の細分化が進んだ現代では、不燃物でもさらに細分化が必要でありそのルールが細かく周知されていないのが現状です。近年では、再利用リユース、最充填リデュース、再生リサイクルの3R運動が叫ばれており、廃棄物のルールの厳格化はますます進んでいると言えます。個人、事業所に関わらずルールを徹底するのはなかなか難しいものです。特に、事業所から出る産業廃棄物は、独自のルールが課せられており、ルール違反は厳罰となることも珍しくありません。埼玉県内の事例では、産業廃棄物を山中に投棄した事業所に、事業停止と略式起訴となったケースもあります。このように、たかがゴミされどゴミといったように、産業廃棄物の処理は事業所の大きな課題となっています。そこで、埼玉県内の産業廃棄物の処理に専用業者に委託することが注目されています。産業廃棄物業者は、自治体ルールにのっとり、前述の3R活動に力を入れた環境保全団体です。特に処理の難しい医療廃棄物や有害廃棄物も専門的な処理で正しく廃棄してくれるため安心です。埼玉県の認可を受けた事業所が多く、自治体のお墨付きとあれば事業所としても廃棄物の処理を安心して任せられます。事業所としての環境保全の取り組みの一環として、産業廃棄物処理業者との提携が求められています。

Copyright© 2017 産業廃棄物の処分は専門業者に依頼しよう|事前にルールを確認すべし All Rights Reserved.