コンテンツ一覧

家庭では処理できないごみ

作業員

ごみ処理法と許可

産業廃棄物と聞くと、業者が処分する物というイメージが強いでしょう。しかし、個人が自分の土地を掘り起こした際に、土の中から産業廃棄物が出てくる、ということもありえます。埼玉県在住者がそういったごみを処分したいと思った場合、産業廃棄物指導課という課が存在しているので、問い合わせてみるといいでしょう。担当業務別に問い合わせ窓口が別れていますが、個人の場合なら総務・普及啓発担当の窓口で問題ないのではないでしょうか。個人で会社を経営しており、産業廃棄物を処理しなければならくなる、という事態にも直面することはあるかもしれません。この場合も、埼玉県内の業者であれば、不明なことは県に問い合わせればいいでしょう。ちなみに、産業廃棄物収集運搬業を営む場合、埼玉県から許可を得る必要があります。許可の申請のためには、事前に講習会を受講しなければなりません。受講後に修了証を入手することが可能です。その後、申請書類の作成、申請日時の予約、申請、審査の順に進んでいきます。審査に通ると、許可証が交付されることになります。申請日時の予約は郵送の手紙などでは受け付けてもらえません。埼玉県庁に来庁する必要があります。また、審査には約2カ月と1週間程度時間を要するようです。さらに、形式審査後には埼玉県証紙を購入する必要も出てきます。この他にも、新規申請、更新申請、変更申請にはそれぞれ申請手数料がかかってきます。2017年11月現在では、産業廃棄物収集運搬業の新規申請には81,000円、特別管理産業廃棄物収集運搬業の新規申請にも同額が必要となっています。

Copyright© 2017 産業廃棄物の処分は専門業者に依頼しよう|事前にルールを確認すべし All Rights Reserved.