多くの物件の中から暮らしにあった物件を選ぶためのことについて

賃貸住宅を上手く利用する方法とは

住宅を売る

任意売却の費用はいくらかかるか

任意売却の費用は成功報酬となっており、物件の売却価格から費用が引かれる形となります。そのため、手持ちの資金がゼロでも行なえるというメリットがあります。任意売却を依頼した業者に支払う手数料は、宅地建物取引法という法律で決まっており、「成約価格の3%+6万円+消費税」となっております。住宅ローンが支払えなくなって任意売却を考えている人はお金に困っている人でしょうから、手持ちの資金がいらないというのはありがたい話だと思います。 なお、自分で任意売却を行なう場合は費用がゼロですみますが、ほぼ不可能に近いです。任意売却の手続きは非常に複雑で大変なので、経験の浅い業者に頼むと時間切れで競売が始まってしまったり希望価格で売れないなど、失敗するリスクもあります。経験豊富で信頼できる任意売却専門業者に頼むのが良いでしょう。

価格面などのメリットと注意点

競売になると、物件の価格は5〜7割の安値で買い叩かれてしまいます。それに比べて、任意売却ではほぼ市場価格に近い値段で物件を売ることができます。さらに交渉次第では、引越し費用や当面の生活資金(10万円〜30万円くらい)も捻出できる可能性があります。 価格面以外でも、理解ある投資家に買ってもらえばその家にそのまま住み続けられる可能性があったり、売却することを周囲に知られることなく手続きが行なえるなどのメリットもあります。 注意点として、住宅ローンの借り入れ先によっては早ければ3ヶ月の滞納で競売にかけられてしまうということです。競売が開始されてしまうと任意売却の手続きをすることができなくなってしまいますので素早く行動を起こすことが大切です。