コンテンツ一覧

減量化に努めています

ゴミ

再資源化をしています

廃棄物は、家庭や企業から発生する一般廃棄物と、産業廃棄物に分かれています。埼玉県の廃棄物処理施設で処理するものでは、廃棄物処理法で規定された20種目の産業廃棄物や、特別管理廃棄物などがあります。特別管理産業廃棄物には爆発性や感染性、毒性のあるものが含まれており、処理にも特別な技術が必要になります。これらの廃棄物は、処理工場で再生させるためにさまざまな処理を行っています。再資源化できるものは分別され、廃棄物の発生を抑制させる必要があります。再資源化は廃棄物の半分ほどに至ります。分別された残りの産業廃棄廃棄物は適正処理を行って更なる減量化を図り、最終処分していきます。埼玉の廃棄物処理場では廃棄物を細かく分別しています。例えば洗車場や建設現場から出た汚泥、残灰や石炭の燃え殻は再利用の対象になります。鉱山性油や動植物性油などの廃油、写真定着廃液などの廃酸、金属石けん廃液や写真現像液などの廃アルカリなど、一般的には分類できない物も特殊な技術で分別が可能になっています。廃プラスチックやゴムくず、金属くずもそれぞれに分別後、減量化するべく処理をしていきます。埼玉県知事は産業廃棄物処理施設が適正に処理しているか常時管理しているので、施設では人体に害のない状態になるまでしっかりと無害化処理を行い、正式な手続きで処分しなければなりません。環境庁も無害化処理認定を行い、人体に影響の出やすい石綿の処理方法などを厳しくチェックしています。安心して生活できるための重要な施設といえます。

Copyright© 2017 産業廃棄物の処分は専門業者に依頼しよう|事前にルールを確認すべし All Rights Reserved.