多くの物件の中から暮らしにあった物件を選ぶためのことについて

賃貸住宅を上手く利用する方法とは

今後のマンション

タワーマンションの歴史と移り変わり

 タワーマンションは別の名では超高層マンションとも呼ばれます。タワーマンションがいったいどのくらいの高さからそう呼称されるかについての明確な定義は存在しませんがおよそ17階ほどの高さの建築物のマンションからそう呼ばれ始める傾向があります。  国内におけるタワーマンションの歴史は戦後の1970年代半ばあたりから始まっており、1997年に建築物の法律が改正されいわゆる「高層住居誘導地区」ができたことなど様々な規制が緩和されたことでタワーマンションが乱立するきっかけとなり、これにより様々なタワーマンションが以後建てられ現在に至っています。また、都心部だけではなく地方都市などにおいてもこのような形態の建物が建築されています。

こうしたマンションについての今後の予測について

 タワーマンションの今後についてですが、現在においてはこのようなマンションの物件の供給が過多になっている傾向があります。東京など都心部においてよいマンション物件を探していくと、このようなタイプのマンションが見つかる傾向がどうしても多くなります。  保全の面では50年程度までは保証されています。その先のマンション管理については、管理組合によるマンション管理からフランス及びドイツなどの国々で採用されている管理の専門家が介入してマンション物件を強固に管理していく形へ移行する傾向が強くなると予測されています。  タワーマンションの数自体は今後も建てられる傾向はあります。ただ、公団などの住宅形式へと主力販売の場を移行する地域も一部ではあります。